ロンドンで見られる動物(リス)

庭や公園などリスはどこでも見られます。

公園のリスは、警戒心がなくなっています。近づいてもあまり逃げることはありません。餌をあげる人たちがいるからでしょうか。ごみ箱に捨てられたポテトチップを拾って、木の上に上り食べる姿を見かけました。とてもかわいいですね。

DSC_0265

庭に来るリスは、公園とは違って人間には少し警戒しています。すばしっこくてジャンプ力があるので木から木へまるで鳥のように駆け回ります。庭に来た鳩を追いかけ回すこともあり、遊んでいるように見えますね。

でも、庭の作物を食べる害獣でもあります。昨年はもぎたてのトマトを収穫しようとしていたのに実を全部落とされてしまいました。食べないのに落として遊んでいました。今年は、庭にトマトを植えていません。玄関先に大きな鉢に植えています。玄関先まではリスは来ないでしょう。

リスが落としたトマト
リスが壊した軽石の鉢

かわいいリスですが、大きなネズミととらえたほうがいいかもね。病気も持っているかもしれないので野生のリスは触らないほうがいいでしょうね。それと、餌付けとかしないで適度な距離を置いて仲良くしてください。

蛇足:イギリス北部ではリスの肉を販売しているところがあるそうです。ウサギは食べたことがあります。野ウサギはよく跳ねて脂肪がないのでさっぱりしておいしいでしたね。リスはそのかわいらしさから(ウサギも可愛いが)食べるなんて、かわいそう。リスも運動十分なので脂肪がなくおいしいのかもしれませんね。でも、かわいそうと言ってられませんね。世界中どこでも肉を食べるには動物を屠殺しなければならないので、きちんと処理された肉を感謝していただきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました