ロンドンでの就職活動(観光ビザでは現地で働けません)

ワーホリなどの方のロンドンでの就職活動は、英語の能力に応じたものとなります。それで、自給の高い仕事につくためにはぜひ、英会話のスキルを磨いておいてください。

日本にいるときにリモートワークができるようになっていれば、ロンドンにいてその仕事を継続してできます。これが一番いい方法ですので、ぜひ考慮してみてくださいね。

日本でお勧めのリモートワーク

リモートビズ

リモートビズは、リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。
リモート、週3日、時短などの働き方にマッチした仕事がそろっています。
イギリスなど海外での生活、あなたの生活スタイルを応援します。ワーホリで2年間の働き口で心配することがなくなります。

サービスの概要

リモートビズではIT関係の仕事を中心に、場所を選ばない仕事をご紹介しています。 WEB系企業の直案件がほとんどで、高い報酬が特徴です。

1.リモート可能な案件だけを紹介していますので、あなたに合わせた仕事のスタイルが可能です。

2.リモートビズの案件はほとんど全てが直案件となっています。毎月の収入が定期的で高額な収入先の確保が可能ですので、安心して働くことが可能です。

3.キャリアコンサルタントが担当されています。そのため、仕事内容を把握しているコンサルタントが あなたに寄り添った提案を行うことができます。

4.リモートビズ登録者で無料のオンラインサロンを設けており、情報交換が可能です。

5.業務委託だけでなく、フルリモート可の正社員の案件の紹介も行っています。

25~40歳の実務経験3年以上のエンジニア ・PHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験がある方 ・現在フリーランス、もしくは今度フリーランスとして働きたい方 ・地方、海外に住んでいるエンジニア ・フリーランスだけど営業や条件交渉が苦手な方向けです。

リワークス

リワークスはフルリモートでできる仕事を紹介しています。また無料で受講できる研修会や、未経験者のサポートも行っています。 ワーホリで2年間の働き口で心配することがなくなります。

デザイナー、システムエンジニア等は勿論ですが、そのような特別な「スキル」がなくても、フルリモートでできるお仕事がたくさん紹介されています。特にコロナ渦の中、オンライン営業が活発化され、 多くの企業様は「リモートワーク」でのチーム構築を進めていますので、イギリスで長期滞在したい方にとっては朗報です。

サービスの概要

「ReWorks(リワークス)」はフルリモート求人に特化した、転職サイトです。リモートワークで「正社員(フルタイム勤務)」を希望するなら、是非ご登録しておきましょう。

接客業・サービス業など、「リモートワーク未経験の方」も大歓迎です。なぜなら、無料で受講できるキャリアカレッジ(研修会)や、 転職コンサルタントへのご相談など、未経験の方へのサポートが充実しているからです。特徴としては、

1 ・フルリモートでのお仕事なので、場所に関する制限がありません。

2 ・ReWorksに掲載されている企業は、リモートワーク事態に慣れています。

3 ・未経験の方には、無料で研修会を実施しています。しかも5日間の短期集中型で、その後の就職先のご紹介まで対応しています。

フルリモートの働き方はどんな人に向いているか

フルリモートで働くには向き不向きがあります。特別なスキルがあるだけでは長続きしないようです。
では、どのような人がフルリモートワークに向いているのでしょうか。

  • 自発的に行動できる人

フルリモートの仕事場には、自分の家などほかの人のいないところで仕事を行なうために、同僚や上司がいません。そのため、誰かの指示を待っていては、仕事を進めることができませんね。
自ら立てたスケジュールに沿って、毎日どの仕事をどのように行うかを自分で考えて行っていくこと。また、わからないことがあったときは、面倒がらずにどんどん質問するなど積極的にコミュニケーションをとれる人がフルリモートでの仕事に向いています。

  • 仕事とプライベートの切り替えが上手な人

仕事とプライベートのオンとオフの切り替えがきちんとできる人は、フルリモートワークでも仕事を問題なく行なうことができます。

在宅で仕事をすることになるわけですから、周囲には誰もおらず自分ひとりの環境で仕事をすることになります。一日中誰とも顔を合わせることがなく黙々と業務に取り組むわけですか、時に孤独を感じることもあります。そのような中で、仕事とプライベとの切り替えるのが上手な人は、孤独に負けることなく仕事を続けていけるでしょう。

  • 文章コミュニケーションに抵抗を感じない人

文章を書くことに抵抗がある人は、リモートワークには向きません。
リモートワークは対面でのコミュニケーションの機会ががあまりないので、チャットやメールでのコミュニケーションが重要となってきます。それで、伝えたい情報を的確に文章にできる人、チャットやメールに抵抗のない人の方が、リモートワークには向いていると言えるでしょう。

  • 真面目な人

なにもリモートワークだけに限ったことではありませんが、誰かに見られていないとサボってしまうような人は、あたりまえのことですが、リモートワークには向きません。
割り当てられた仕事コツコツと進められる、真面目な人が向いています。

あなたは、いかがですか?フルリモートの求人には、未経験者歓迎のものは意外と多いのです。経験のない職種だからとあきらめる必要はありません。それで、今からでも、フルリモートに必要なパソコンスキルや自己管理能力を身につけ、積極的にコミュニケーションをとることができるように自分を磨いておいてください。

でも、やはりロンドンに来てから仕事を探して働きたいと思いますか?それもいいですね。ロンドン子と一緒に働くのも異文化を楽しむこともできますし、新たな出会いを楽しむこともできますね。

ロンドンでの就職活動はどのように行うか

ロンドンでの就職活動は、いろいろな方法で行うことができます。いくつか紹介しておきます。

おもに日系企業を探す

 Mix B(日系の仕事) イギリス・ロンドンの生活情報・無料広告・ミックスビークラシファイドのサイトから探すことができます。

• 週刊ジャーニー (日本食材店や日本食レストランで配布。毎週木曜日発行のフリーペーパー。オンラインでも見れますが、現地で最新版のフリーペーパーを入手してみてください。日系の仕事が中心です。)

• 店に張り紙をしている場合もあります。直接アタックしてみましょう。

• アポなし飛び込み応募も行えます。

履歴書の準備

履歴書(Curriculum Vitae)の作成を日本でしておきましょう。イギリスでの就職ではCVをメール添付したり、履歴内容を日本語と英語の両方がいるというケースも多いようです。
渡英前に作成し数枚印刷して持参するのがいいでしょう。特に日系のレストランでとりあえず働きたいならば用紙を持っていると安心です。 オンラインで募集を見ているなら、渡英前に応募し、面接アポを取るようにするといいでしょう。日本にいるときの準備を行なうことにより、ワーホリで2年間の働き口で心配することがなくなります。

• CVの内容(スタンダード)
・名前 
・住所 
・UKで使用する電話番号
・E-mailアドレス 
・Education(学歴)年月の新しい順で所在地も記入
・Work Experience(職歴)年月の新しい順で所在地も記入
・Other(その他)YMSビザ所有か、またその期限を明記

• たいていどこも人手不足なので、きつかったり、いやがらせをされるような職場なら我慢して続ける必要はない。希望や意見は丁寧かつはっきり伝え、繰り返す。労働法にのっとっていない事業主も多いので要注意。雇用契約書を作成しないところで働かないこと。

• 日系レストランでは通常まかないの食事つきのようです。

• ロンドンの最低賃金:£7.05(変更になるので自分で確認してください)

• Income Tax, National Insuranceがどれくらいか計算できるサイトがあるので調べておきましょう。 https://www.gov.uk/estimate-income-tax

• 基本的に交通費は支給されません。夜遅く終わる仕事は治安を懸念すべきです。特に家から遠い場所で働くならリスクが高くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました